寝酒

アルコールには催眠作用があるので、飲むと寝付きがよくなります。

ですが、それは睡眠に入るためだけの一時的なものです。
寝酒が習慣となってしまうと脳に耐性がついてしまい、量が増えていってしまいます。

毎日のように続けてしまうと飲まなかったり、きれてしまったりした場合に不眠になってしまうこともあるようです。
もちろん適度に楽しめる程度であれば問題はありません。
ですが、眠るためだけに飲むことはよくありません。