天岩戸

天岩戸神話は、天照大神がスサノヲノミコトの乱暴な振る舞いに心を痛め、岩戸に隠れてしまったために世界に日の光が当たらず闇に包まれてしまう。困った神々が岩戸の前で宴を開き、天照大神を岩戸からおびき出す、というお話である。この話が「皆既日食」を表しているのではないかという説がある。

日食のメカニズムを知っている現代人にとっては日食は自然現象であり、天体ショーとして楽しむことができるが、古代の人々にとって突然太陽が欠けていく様子は恐怖以外の何物でもないだろう。

また、邪馬台国の女王卑弥呼の死と皆既日食が関連しているとして、卑弥呼=天照大神という説もある。この説は信憑性が低いらしいが、卑弥呼もまた謎の多い人物なため、何が本当なのかはわからないものである。