疲労回復「鶏むね肉」に注目

「鶏むね肉」が最近、疲労回復に効果があると注目されているそうだ。渡り鳥が何日も休むことなく飛び続けるのをヒントに研究が行われてきた。渡り鳥の羽を動かすむね肉に、高濃度の「イミダペプチド」という栄養素があることが分かったという。
実験の中心となった東京都目黒区の阿部医院院長で、東京内科医会副会長の清水敬一郎さんは「2週間以上、継続的にイミダペプチドを摂取すると、疲労感が改善されてきます」と説明する。イミダペプチドは2つのアミノ酸が結合した物質だ。これを摂取すると血液中で2つのアミノ酸に分解するが、脳や肉体の疲労してさび付いた細胞に達すると、再びイミダペプチドに合成され、疲労部分を回復してくれるという。
イミダペプチドは生き物ごとに消耗が激しく疲れがたまりやすい部位に含まれているそうだ。回遊魚のマグロ、カツオは泳ぎ続けるために大事な尾びれの付け根。人間は一番使っている脳だという。
「鶏むね肉は比較的安く、低カロリーで高たんぱく質のヘルシー食品。1日100グラム、最低でも2週間食べ続けてみてください」と清水さんは話す。清水さんのおすすめは、イミダペプチドが水に溶けやすい性質を利用したスープ。多めに作って、冷凍保存しておくことも可能だ。梅干しや黒酢、レモンなどクエン酸を含むものと組み合わせた鶏むね肉料理もいいとのこと。
食材で疲れにくい身体になるというのはありがたい。ぜひ試してみたい。