福岡、宿不足をうけて「民泊」提供

福岡市で17日からアイドルグループ「嵐」の3夜連続コンサートが始まった。福岡市内は、中国からの爆買い目的の観光客増加の影響もあり、宿泊施設が軒並み満室な状況にある。そこで、宿不足をうけて、個人宅に有料で客を止める「民泊」提供へと踏み切った。
しかし周知期間が短く、市か示した条件を満たしたホスト世帯は13軒にとどまった。予約交渉などを宿泊希望者とホスト世帯の直接交渉が、民間仲介者に委ねたため、市では民泊がどの程度実現したのか把握できていないのが現状だという。
コンサート会場には、宿が決まらないままやってきた嵐ファンもいたが「行政が関与していても、知らない人の家には怖くて泊まれない。」「カラオケとかネカフェのほうがまだまし」と話した。
福岡市では、26日からEXILEのコンサートも行われるため、その期間も民泊を提供するとしている。
折角チケットを手に入れ遠征してコンサートに来ているのだから、最初から最後まで気分よく楽しんでほしいものだ。民泊を利用する際は、家主や近隣住民への配慮を心掛けてほしい。

由伸監督、キャンプに上原を呼ぶ?

元4番に続き元エースも呼ぶのでしょうか?
巨人の新監督、高橋由伸監督が11月30日、米メジャーリーグのレッドソックスでプレーする、上原浩治投手に来春宮崎キャンプへの参加を依頼することを明かしました。
また高橋由伸監督は、ヤンキースのGM特別アドバイザーを務めている松井秀喜氏にも声をかけており、松井秀喜氏はすでに同キャンプ参加に前向きな姿勢を示していて、上原投手が快諾すれば新監督とともにプレーした、4番とエースが宮崎で共演も実現するかもしれません。
同い年である、右腕への協力要請。
プライベートでは、上原投手のことを「ウエ」と呼び、誕生日は75年4月3日と同じで、食事をともにし祝い合った仲なほど。
松井氏とのダブル共演が実現すれば、何よりも心強い援軍になるのではないでしょうか。