記憶を戻す実験、マウスで成功

アルツハイマー病のマウスを使った実験で、思い出せなくなった記憶を引き出すことに成功したそうだ。
研究チームは「アルツハイマー病は記憶が消えるのではなく、記憶を思い出す機能が働かなくなる病気であることを示唆する結果だ」と説明しているという。
研究チームは正常なマウスとアルツハイマー病のマウスを飼育箱に入れ、それぞれ脚に弱い電流を流して、不快な体験として記憶させた。その後箱から出し、24時間後に箱に戻した。
正常なマウスは不快な体験を思い出しておびえたが、アルツハイマー病のマウスは変化を見せなかったそうだ。そこで、脚に電流が流れた時の記憶を担っているとみられた脳細胞を刺激すると、正常なマウスと同じようにおびえるようになったという。
この研究結果をもとに、アルツハイマー病の治療法が見つかるかもしれない。