学者がテロリストに間違えられる

アメリカの航空会社「アメリカン・イーグル」の機内でちょっとした誤解から事件?が起こったという。
機内で、経済学者がメモ帳に数式を書き込んでいるのを見た隣の席の乗客が、「謎めいた暗号を記しているテロリスト」だと思い込んでしまった。
誤解された経済学者は、ペンシルベニア大の理論マクロ経済学者でイタリア人のグイド・メンツィオ氏。取り調べを受ける騒ぎとなった。
誤解した乗客は、メンツィオ氏の隣の席の女性で、体調不良のため飛行機を降りる際メモ帳の数式を怪しい暗号だと思い、乗務員に告げたとされる。
「ふるまいが怪しい」とされたメンツィオ氏は、微分方程式を解いているところだった。操縦士は女性の勘違いだったと分かって、1時間ほど遅れて飛行機を出発させたという。
学者も勘違いした女性も驚いただろう。ネットでは学者に同情するコメントが多かった。